愛猫には、長生きしてほしいと思う、と常に思っている人は、猫を飼っている人ならば当然の事だと思います。
飼い主が愛猫に愛情をたっぷりとそそぐ事は、長く生きてもらう為には当然の事だと思いますが、それ以外にも大切な事は沢山あります。
その一つであるペットの食事は切っても切れない問題ではないでしょうか?

最近では、キャットフードも、様々な進化をしており、猫の年齢や種類、体調に応じて様々な種類のキャットフードが販売されています。
その中でも、キャットフードの粒の大きさがメーカーや種類において違うということはご存知ですか?
生後間もない子猫のキャットフードは小粒のものが多く、ある程度の年をとっている猫のキャットフードは少し大粒の物が多くなっています。
基本的には、これらには問題はないと言われており、ネコによっては食いつき方が、違うという意見もでているようですが、それはネコの好みであり、大人のネコだから粒が大きい方がいいというものではないと思われます。
強いていうのであれば、大人になるにつれて、体も大きくなるので、必然的に一口で食べる量も変わってくるということです。
粒が小さすぎてしまうと、あまり噛まないで飲み込んでしまうため、戻しやすいという問題があると思われます。

形も味も様々な種類が出てきていますので、キャットフードの選び方に困る飼い主さんは多いでしょう。
しかし、人間にも好き嫌いがあるように、ネコにも好き嫌いはあるはずです。
自分の愛猫に好きな物だけを食べさせるのも良くないと思いますが、様々なキャットフードを買って、粒の大きさもみていれば、愛猫の好みもわかってくると思います。