キャットフードには、様々な種類があり、その中でも高価な物や安価な物など様々あります。
やはり、出来るだけ愛猫の身体の事を考え、しっかりとしたエサを購入することが大切な事なのですが、どうしても経済的に余裕がない方は、安価なエサを選びがちになってしまいます。
しかし、それは猫にとっては大変危険な事になるので注意が必要です。

値段が安いエサは人間でいうとジャンクフードのような物になります。
たまに、食べるなら問題はないのですが、それが毎日続いてしまうとどうしても体調などに異変が出てきてしまいます。
また、安いキャットフードなどは、あまり良い状態の原材料を使っていない事もなのですが、原材料が悪いということは、見た目も最初からよく無いことが多く、それを誤魔化すために大量の着色料が使われます。
着色料の多いエサを常日頃から使用していると、猫の排便などに影響も出てきてしまいます。
このようなキャットフードでアレルギー症状を起こす猫も少なくありません。
便が着色料の影響で、固まりやすくなるので、本当なら下痢の症状が出る病気でも、便が固まっている為に、病気の発見が遅くなってしまうなど問題が多くあります。

着色料など添加物が多いキャットフードは、愛猫の身体を確実に蝕んでいってしまいます。
たまにならそれほどの問題はないと思いますが、毎日与えてしまうのはあまり良くないことになります。
出来るだけ着色料の多いものは、避けてしっかりとしたエサを選んだ方が愛猫の為にもなるでしょう。"