ペットを飼っている家庭は年々増加している傾向ですが、飼い主が毎日家にいるとは限りません。
特に、旅行などで家をあけてしまう方で、ペットを飼っている人は、エサの事で気を使った経験はあるはずです。
猫などのペットは、外に離す家庭もあるかと思いますが、大体は家に帰ってきます。
お留守番をしてくれる猫へのキャットフードはどうしたらよいでしょうか。

自分がどのぐらいの期間、旅行などで、家をあけてしまうのかでも変わってきますが、一泊二日ほどの旅行でしたら、通常のキャットフードを少し多めにおいておき、水分などを定期的にとれるようにしておきましょう。
その際に、キャットフードは個分けのドライタイプのものが良いでしょう。
それ以外のキャットフードでは、早い期間で傷みが発生してしまい、猫が食事をしなくなってしまいます。
また、ある程度の長期間家をあけてしまう場合は、自動的にエサを供給してくれる機械などがありますので、そちらを使ってあげた方が、衛生面から見てもいいと思いますし、安心感もあります。
また、キャットフードは計量して与えるものなので食べ過ぎ防止にもなります。
もしそのような機械が購入できない場合は、ペットホテルに預けたり、誰かペットの世話を出来る人を探した方がいいと思います。

ペットを飼うということは、癒しなどもありますし、精神的にも安定してきます。
しかし、生き物を飼うということはそれなりの責任も発生してきます。
自分が一番最善と思う形で、猫などのペットと付き合っていきましょう。