キャットフードを購入時に、様々な種類があり、どれを買えばいいのか悩んだことのある人も多いと思います。
これでいいやと、エサを決めてしまい、最初は食欲があっても、長時間同じものをあげていると、食欲が少なくなってしまったりすることもあるので、そのようなときはエサを変えてみると食欲がまた増したりすることも多いです。
キャットフードは、水分量に応じて種類が異なってきます。

ドライタイプのキャットフードは水分量が10%以下の物を表し、水分量が少ないため一番日持ちします。
このキャットフードの保存方法は、開封後は空気に触れてしまうとドンドン酸化してしまうために、開封後は密封状態にして直射日光から避ける必要があります。
セミモイストタイプと言われるキャットフードは、水分量が約25~30%のキャットフードで、半生の状態のキャットフードです。
品質を守るために、防カビ剤等の添加物を使用して、水分本来保持のため湿潤調整剤などを利用しています。
ウェットタイプと呼ばれるキャットフードは、水分量が75%以上あるものを指していて、肉の匂いや食感などが一番その原材料に近いため、ネコの満足度も最も高いと言われています。
しかし、原材料に近いために日持ちもしませんし、価格が他のキャットフードに比べてしまうと高めな設定になっています。
また、食べかすが歯に残りやすいため、口臭や歯石の原因になりやすいので、定期的なブラッシングが必要になります。
口臭が気になってきたら場合は歯磨き用のキャットフードに切りかえるのがよいでしょう。

大まかにみてキャットフードは三種類にわかれています。
どのキャットフードにも、メリットがあり、デメリットも存在しています。
自分の経済状況やネコの好きなものなど様々な事を考えて、これだったら続けていけると思うものを探し出すことが、愛猫にとっても飼い主にとっても、いいことだと思います。