キャットフードなどを買いに行った際に、値段の違いなどに疑問をもったことはありませんか?
メーカーにより、値段が違うことや栄養素などで値段が違うことはよくある事なのですが、栄養素も全く同じなのに価格が大きく違う場合があります。
それには理由があり、値段の高めなキャットフードは、人間が食べても問題ない原材料が使われているのに対して、値段の安いキャットフードは、人間が食べてしまうと、何らかの問題が出てしまう可能性がある、処分をしなければならない、といった理由がある材料を使っている場合が多いです。

値段の安いキャットフードは手に入りやすいので、継続して使用することは安易に出来るのですが、愛猫の健康にはいいものとは言えない可能性があります。
一番怖いものは、病気。ガンを発症する可能性が極めて高くなります。
死肉などを原材料で、使用している場合などは、大腸菌など様々な病原菌が繁殖している可能性が非常に高いです。
また、安いキャットフードの原材料の主成分は穀物が中心で出来ていることが多いです。
穀物は人間なら問題はないのですが、猫などの動物は本来昔から食べていたものではありません。
穀物が原材料のキャットフードを食べ過ぎてしまうと、はやり体調に異常をきたしてしまい、嘔吐などの症状を起こしてしまう可能性が非常に高くなります。

食べ物は身体を作る上で、非常に重要な役割をはたしています。
いつものキャットフードには必要な成分が入っていて無駄なものは入っていませんか?
長く生きて欲しいからこそ、毎日のエサはしっかりとしたものを選び、健やかな身体作りをサポートすることが、飼い主にとっての幸せにも繋がるのではないでしょうか?